小豆島ヘルシーランド株式会社 | オリーブと共に生きる

事業紹介Business

地域事業

小豆島 × 人と文化

Culture

それぞれの地域が本来の輝きを取り戻すことが、今後日本が発展し続ける要素のひとつです。
私たちの社是は「心と体の健康を追求し、小豆島の発展に寄与」すること。
多様で豊かな文化が息づくことで“心の健康”につながると信じ、文化的事業を協同で運営をしています。

迷路のまちアートプロジェクトの共同運営

「迷路のまち」全体をミュージアムにみたてて さまざまなアートプロジェクトを展開

MeiPAM

MeiPAM アートプロジェクト

小豆島・土庄本町の「迷路のまち」と呼ばれている一角で活動しているのが、MeiPAM アートプロジェクトです。「迷路のまち」は、中世の瀬戸内海で活動した海賊の侵入や、南北朝時代の戦乱に備えて、路地を迷路のように入り組ませたと言われている、小豆島の中でも古い歴史をもつエリアです。また、迷路のまちにある西光寺とその参道は、島内でも有数の繁華街でした。かつては多くの人々で賑わっていたこの界隈も、昭和後期からの地方衰退の流れには逆らえず次第に活力が衰えていきます。

”MeiPAM”は、迷路のまちに再び活気を取り戻したいという想いで、2011年に合名会社童の夢と共同で活動をスタートいたしました。ユニークな歴史をもつ「迷路のまち」全体をミュージアムにみたてて、芸術やパフォーマンスの作品を紹介したり、時には映像メディアなどを用いて、地域の歴史や生活文化を記録しています。古いものを解体して、新しいものを創造するのではなく、そこにありつづけるものの価値をみつめなおし、その豊かさに表現をあたえたい。

このそんな想いで、明治時代の呉服屋の蔵など、古い建物を改装した4か所に点在するスペースを拠点にして、さまざまなアートプロジェクトを展開しています。また、「島マルシェ」をはじめとするいろいろなイベントを通じて、島内外の多様な人びとがあつまって、にぎやかに声をかわす広場を、まちの中に創造したいと考えています。

MeiPAM

MeiPAM全館のインフォメーションセンターでもあるMeiPAM01。

マルシェ

西光寺参道では、毎年4月と12月に開かれる大師市にちなんで、マルシェを開催。

地域活性を進める妖怪プロジェクト

小豆島は、古代からの歴史があり、江戸時代には海の交易やお遍路信仰の玄関口として、様々な人が集い、そして語らう賑やかな場所でした。全国各地から人が訪れることで、どこからともなく生まれてきたのが、妖怪にまつわる様々な話です。そういった話が島に定着し、伝承されることで、小豆島にもいくつかの妖怪伝説が残されています。集落で伝承されてきた心温まる妖怪「カボソ」をはじめ、島に点在する行場や信仰の対象となるパワースポットとあわせて、興味深い話が語り継がれてきました。

そんな環境で育った一人の青年が妖怪の魅力にとりつかれ、妖怪絵師として作家となりました。妖怪絵描鬼・柳生忠平は2005年より本格的に活動を開始。彼にしか描けない独創的な妖怪は、本来妖怪が持つべき”怖れ”や”教え”というものを感じさせるパワーを持っています。創作活動から10年となる今でも、小豆島MeiPAMを拠点に妖怪だけをモチーフとした作品制作を行い、小豆島近県や東京各所でも展示会を行っています。今後が期待されるアーティストの一人。

その柳生忠平はMeiPAM アートプロジェクトを立ち上げ、土庄本町に新しい観光の流れがつくられる中で、「小豆島を妖怪の島にしたい」という想いを受けました。そして、当社もサポートをさせていただいた妖怪造形大賞(主催:小豆島 迷路のまち 妖怪プロジェクト実行委員会)は、2013年・2014年と過去2回開催し、全国から合計500体近くの妖怪をモチーフとした造形作品が集まっています。1000体を目標としてスタートした、妖怪造形大賞と妖怪で地域活性を進める妖怪プロジェクト。今後も新しい展開をご期待ください。

妖怪絵描鬼 柳生忠平

妖怪絵描鬼 柳生忠平

妖怪造形大賞

妖怪造形大賞審査会の様子。審査委員 北原照久様、美内すずえ様、須田正己様、米田武志様。

出版事業

「心の健康」を届ける文化事業

出版事業

心の豊かさを育むことのできる書籍・出版事業

小豆島ヘルシーランドの社是は「心と体の健康を追求して小豆島の発展に寄与する」。“体の健康”は、命の樹・オリーブをまるごと活かした化粧品、食品、健康食品を皆さまにお使いいただき、健やかな生活をサポートします。一方、“心の健康”はアートや文化で追求し、物質的だけではない精神的な豊かさの向上を目指しています。小豆島・豊島は、壺井栄の不朽の名作『二十四の瞳』をはじめ、世界に誇る文学作品を数多く生み出した「文芸の島」。時代を超え地域を超えて、心の豊かさを育むことのできる「書籍」「出版」事業は、まさに「心の健康」を届ける文化事業です。

脈々と受け継がれる文化に加え、瀬戸内国際芸術祭の開催を契機に、さらに注目が高まっている小豆島。この島々の風土から生まれたすばらしい文学の伝統や生活文化を掘り起こし、「瀬戸内の文芸復興(ルネッサンス)」を行うべきではないか、と私たちは考え、出版社を立ち上げる運びとなりました。現在は、2つのレーベルから出版を行っております。

サウダージ・ブックス

知恵をひろい、歌をおくる。波のページに耳をすませる――本の向こう側にひろがる、あこがれの風景へ。サウダージ・ブックスは、「旅」をテーマにする出版レーベルです。

オリヴ&アルス叢書

暮らしのなかにある普段着の哲学を本にしたい、そんな願いから生まれた出版レーベルです。

Topics

お知らせ

2016.11.16
掲載情報:雑誌『からだにいいこと』1月号
2016.07.29
小豆島MeiPAMにて「SLOW Summer NIGHT LIVE」開催
2016.07.26
「ながさわたかひろ展」が開催されます
2016.07.22
明日より「武徹太郎 イラスト展」を開催します
2015.04.10
MeiPAM 02 企画展 カタリーナ・ヘンリクセン 小豆島に舞い降りたオリーヴの鳥
PAGE TOP