小豆島ヘルシーランド株式会社 | オリーブと共に生きる

会社情報Company Information

Greeting

代表ご挨拶:オリーヴと共に生きる

小豆島ヘルシーランド 代表取締役社長 柳生敏宏

OLIVE SKY WAY ~オリーヴスカイ道~

お客様に志をもって徹底的につくす それこそOLIVE SKY WAYであり 我らの進むべき道である そして使命でもある

宝の島、小豆島

私は、瀬戸内海の小豆島で生まれ、育ちました。 新渡戸稲造が「瀬戸内海は世界の宝石」と称したように、穏やかな海と浮かぶ島々が織り成す美しい景色は、人々の心を癒やし元気にしてくれる不思議な魅力を持っています。その島々のひとつである小豆島は、1300年以上も前に編纂された古事記にも記されている、大変古い歴史を持つ島です。中世から海洋交易の拠点として栄えてきた島であり、そういった人の交流が起点となって数々の産業や文化が興り、いまに受け継がれています。

300年続くオリーヴの森を目指して

私たちはこの島で、オリーブの栽培から、心と体の健康に寄与する商品の製造、販売までを行う、六次化企業として根を張っております。数年前、オリーブへの見識と技術を高めるためにイタリアを訪れた際、樹齢300年と言われるオリーブが樹海のように広がる光景を目の当たりにし、深い感動と幸福感に満たされました。

それは、人間の何倍もの年月を生きているオリーブのパワーに圧倒されただけではなく、人智を超えた自然の営みと恵みを、その土地の人々が何世代にもわたって受け継いでいる。その命のリレーの中にオリーブが介在しているということに深く感動したのです。同じように、いま私たちが植えているオリーブが300年先にもしっかりと受け継がれ、残っていて欲しい。300年後もオリーブが残っているということは、数100年後も町が在り続けているということでもあります。

オリーブと人とが共存しながら豊かな生活を営んでいる未来の小豆島――そんな姿を強く願っています。

OUR MISSION

私たちが目指すのは、オリーブの無限の可能性をさらに追求し、私たちにしかできない手法で、オリーブを極めて健康と美容に世界一貢献していく企業であること。そして、お客様に徹底的に寄り添い、お一人お一人の美しい暮らしをサポートしていくことが、私たちの使命と感じております。2014年には、創業から30年を迎えましたが、300年先を見据えるとまだまだ通過点であります。

今後も手を緩めることなく、お客様に尽くしていくことをお約束いたします。

2015年4月1日 小豆島ヘルシーランド 代表取締役社長 柳生敏宏

小豆島ヘルシーランド 代表取締役社長 柳生敏宏
PAGE TOP