小豆島ヘルシーランド株式会社 | オリーブと共に生きる

生命の樹News

2015.04.02:生命の樹

NHK「地球を活け花する~プラントハンター 世界を行く~」にてオリーヴ大樹が放映されました

taijyu

3/28(土)に放送されたNHKスペシャル「地球を活け花する~プラントハンター 世界を行く~」内で、当社の樹齢1000年のオリーヴ大樹も放映されました。
この番組は、オリーヴ大樹を小豆島に導いてくれた西畠清順さんの特集。
西畠さんがどのように植物と向き合っているか、とても良くわかる番組です。
再放送が4月3日(金)午前1時30分~2時19分(2日深夜)となっていますので、見逃してしまった方はぜひご覧ください。

NHKスペシャル「地球を活け花する~プラントハンター 世界を行く~」
http://bit.ly/1yh2iK1
(再放送)2015年4月3日(金)午前1時30分~2時19分(2日深夜)
NHK総合テレビにて

人々に感動を与えるため、まだ見ぬ植物を求め、世界の辺境地へ冒険する男がいる。現代のプラントハンターとも言うべき西畠清順(にしはたせいじゅん)さん、34歳。アジアの熱帯雨林、イエメンの砂漠、オーストラリアの湿地帯からロッキー山脈まで、その移動距離は一年間で地球10周分。今回は、アルゼンチンの森林地帯で、パラボラッチョという巨木の掘り出しに挑んだ。巨木を独自の技術で休眠させて日本へ運び、大都会に植える計画だ。野生児のような風貌の清順さんだが、実は明治元年から150年続く植物卸問屋の5代目。活け花や庭に使う植物を常に3千種以上、独自の技術で栽培して納めている老舗だ。山野に咲く草木を自然から切り出し、様々なメッセージを込めて人々に届けてきた活け花や庭園。その日本の伝統文化の思想が、清順さんの行動力とセンスによって増幅し、言わば地球を舞台にした巨木の活け花となり、世界中の人々の心に響いている。かつてのヨーロッパに植物を運んだプラントハンターたちが世界を大きく変えたように、清順さんも魅惑の植物たちを主役に新しい風景をつくろうとしている。
※番組サイト(上記URL内)より引用

PAGE TOP